外壁塗装の保証に関する注意点

外壁塗装業者の広告には「10年保証」などという言葉をよく見かけます。しかし言葉だけで信用するのは早計です。契約の際に業者とよく話し合い、はっきりした契約書を交わさなければなりません。そうしないと万一の際に、保証を受けられない可能性があります。また契約の内容をよく読み、把握しておくことも重要です。一般に外壁塗装の耐用年数は塗料の種類によって異なり、ウレタン系なら5~6年、シリコン系なら7~10年程度が標準とされています。しかし壁の塗装が剥がれてくることは、実際にはあまりありません。それに対して、鉄の部分のサビやシーリング部分の水漏れは起こりやすい現象です。このような部分まで保証に含まれているかを確認しておきましょう。なお地震などの天災が劣化の原因であるときは、契約の対象外になることもあるので要注意です。

外壁塗装をする時の保証を調べておこう

外壁塗装をする際、料金を比較して選ぶことが多くなっています。しかし、それ以上に大事なことは保証があるかどうかという点です。また、どんな外壁塗装に対しての保証となっているのか、内容について事前に調べておくことをお勧めします。通常、見積もりを出した段階で、その点も業者の方で話してくれるはずです。逆に、何も話がなかった場合には、後々、トラブルに発展してしまいかねないことから、その業者を選ばない方が無難と言えます。外壁塗装の保証内容としてよくあることは、アフターサービスについてです。塗料がすぐに落ちてしまったというようなトラブルが起きてしまうことがあります。施工後どの程度の期間なら無料で直してくれるのかといった内容を確認しておくことをお勧めします。どの程度の落ち具合かなども具体的に提示されていると安心です。

外壁塗装の保証の注意点

外壁塗装をしてもらう場合、保証があることは重要ですが、すべてが対象になるとは限りません。まず、外壁塗装の一般的な保証対象はカベの剥がれだけのことが多いです.しかし、塗膜が剥がれることはまずないので、他の場合もきちんと保証してくれるかどうかをチェックすることが大事です。木部や鉄部、雨どい等の剥がれは対象になっているか、壁にヒビが入った場合に、対応・適用されるかどうかを確認します。ただし地震などの天災の原因の場合は対象外としている場合が多いため注意が必要です。これは、天災で起きたかどうかはその判断はできないことが多いため、またはしないことが多いためです。ですからその辺の確認もこの天災とはどこまでを指すのか聞いておくことも必要です。さらに、塗装を行った会社が倒産したらどうなるかも合わせて確認しましょう。